人間より寿命が短いこの子のために|ペット保険は必ず入ろう

レディとドッグ

ペットとの時間を大切に

PCと犬

ペットの医療環境

人間は保険証を保持し、診察・調剤などの医療サービスを受けると、決められた健康保険の負担割合に基づきかかった費用の自己負担割合分を窓口で支払っている。割合としては一般的には1〜3割程度のようです。しかし、家族の一員であるペットにはこういった制度が無く怪我や病気で獣医を受診すると、かかった費用の全額が飼い主の自己負担となる。全額自己負担の為、一時的な出費の金額としては決して小さい額ではない。この一時的な自己負担分の支払いを軽減させる為に存在するのがペット保険である。ペット保険とは損害保険と言う扱いで、今では保険会社や契約内容も様々なものがある。ペット保険は確定申告等で行う保険料控除の対象にはならない。掛け捨てタイプの保険で、契約内容やペットの種類・年齢にもよるが、月々の保険料は概ね900〜5000円と幅がある。ペットの医療費は高額になるケースが少なくないが、ペット保険に加入している安心感から些細なペットの異変でも病院に連れて行けると言った気持ちの部分でも大きな有効性があると思われる。

保険の種類

様々な保険会社から様々な商品が発売されているが、かかった医療費の5割〜7割を補償してくれると言うものが多い。補償の受け方も、人間の様な保険証を発行してもらい、その保険証を窓口に提示するだけで、提携の獣医のみにはなるが自己負担割合分のみの支払いで済むパターンと、一旦全額立替払いし、所定の保険金請求書や診療明細等を提出後、契約者の口座へ入金されるパターンとが存在する。補償される金額も契約内容により、免責額を超えた部分に留まるもの、一回の上限額が決められているもの、契約期間内での上限額が決められているものと色々なパターンがある。また、通院は補償されないが、入院・手術のみを補償対象にする事で保険料を大幅に抑えたプラン等もある。その他、ペットの怪我や病気だけではなく、ペットが他人に噛み付いたり、他人の所有物を壊したり等などのトラブルを補償する特約を付帯出来る保険も存在する。

ブサカワだけど可愛いヤツ

犬

フレンチブルドッグは、とても陽気で優しく、好奇心旺盛な性格です。外見同様とても可愛らしい性格で、その場のムードメーカーの役割を担ってくれます。飼育環境など、注意するべき点がいくつかありますが、それさえクリアすれば、とても可愛らしい、飼いやすい犬です。

ペットとして飼うなら

犬と男女

ゴールデンレトリバーは人気のある犬で、日本でも多くの人が飼っています。色々な場所で購入できますが、確実にゴールデンレトリバーが欲しい場合はブリーダーに相談するのが良いでしょう。しつけをする場合には、犬のしつけを専門にしてくれる業者もあります。

可愛く勇敢な犬種

犬

ミニチュアピンシャーはペットとして人気の小型犬です。性格は活発で忠誠心が強く、番犬に適しています。運動が大好きなので、なるべく動いて発散させてあげましょう。プライドが高い面もあるので、根気よくしつけてください。また脱臼や骨折をしやすく寒さに弱いので注意です。